8月10日
メロンで、更年期障害の予防をしよう

メロンは、東洋医学的に「寒性」で、体を冷やす性質があります。のどの渇きをおさめたり、腸の粘膜を潤す働きがありますが、冷え性体質の方は食べ過ぎると胃腸を冷やしてしまうので注意が必要です。さらにメロンには「アミノ酪酸」が含まれているため、更年期障害や、老年期の精神障害に効果があるともいわれています。体に無理をかけないようにしながら、おいしくいただきたいですね!

前へ

バックナンバー

2008年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。