8月12日
カボチャの黄色い成分を摂取しよう

カボチャには、ビタミンC、ビタミンEといった多くの「抗酸化ビタミン」が豊富にふくまれています。特にカボチャの黄色い色素は「α(アルファ)-クリプトキサンチン」などの抗酸化物質が含まれており、活性酸素から体を守る効果もあるのです。カボチャの収穫期は6月から9月。いまが旬のカボチャを使って、アンチエイジング料理にチャレンジしてみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2008年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。