8月17日
冷え性の人は、トマトを調理して食べよう

トマトは、東洋医学的に体内に水分を溜め込みやすくする作用があります。旬の夏には「水分補給」として最適ですが、生で食べるときは量に注意が必要です。特に、「冷え性の人」や、冷房のきいた部屋に長時間いる人は、生で食べるのは少なめにして、スープにしたり調理して食べるようにしましょう。生で食べるよりも胃腸の負担を和らげることができます。

前へ

バックナンバー

2008年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。