8月30日
午前2時には、熟睡するようにしよう

睡眠不足は老化につながりますが、長時間眠ればいいというわけでもありません。大事なことは、「良質な睡眠」をとることです。深くて良質な睡眠は、寝始めの3時間で現れます。最初の3時間を熟睡することが大事なのです。ウトウトと浅い眠りでは、何時間寝ても良質な睡眠はとれません。逆に短くても熟睡すれば良質な睡眠がとれるのです。体内リズムのが眠気のピークになるのは、「午前2時〜4時の間」。午前2時には熟睡していることが大切です。

前へ

バックナンバー

2008年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。