9月3日
オクラの整腸作用を活用しよう

オクラの「ヌルヌルした成分」には、整腸作用やコレステロールを減らす働きがあります。腸の中で余分な水分を吸収しながらスポンジ状になるため、食べたものがゆっくりと腸の中を進みます。「下痢ぎみ」のときにも、穏やかに腸を刺激しますから、程よい硬さの便をつくる手助けをしてくれます。オクラは、和え物やサラダなど、いろいろな料理に活用してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2008年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。