9月14日
昼間のゴロ寝で血圧を下げよう

就寝中は、カラダがリラックスモードに切り替わり、血圧もドンドン下がってきます。それと同じ効果が、実は「お昼寝」や、(眠らなくても)横になっているだけであります!横になると血管の収縮が弱くなり、心臓の負担が減ります。そのため、人間の体は横になると15分ほどで血圧が下がりはじめます。血圧が高くて悩んでいる方は、20分〜30分の「お昼寝」をぜひ実行してみてください。

前へ

バックナンバー

2008年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。