10月3日
肉料理には、赤ワインを飲もう

肉料理中心の食生活をしていると、血液中のコレステロールが過剰に増えて、動脈硬化の原因になることがあります。欧米で「心臓病」での死亡率が高いのも、それが原因といわれます。しかし、同じく肉料理中心の食生活をしているフランス人は、肉料理とともに「赤ワイン」を飲んでいるため、動脈硬化を抑えることができているのだとか。赤ワインのポリフェノールには、悪玉コレステロールを減らしたり、血栓をできにくくする働きがあるそうです。肉料理が多い方は、晩酌をビールからワインに変えてみるのもいいいですね。

前へ

バックナンバー

2008年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。