10月12日
髪の洗いすぎに注意をしよう

頭皮や髪を守っているキューティクルは、洗いすぎたり、ドライヤーをかけすぎてしまうと、激しく傷ついてしまいます。この傷から細菌が入り込むと、髪や頭皮から「悪臭」が出てしまうことがあるんです。ですから、必要以上に洗髪しすぎている方は、それがニオイの原因を作ってしまっている可能性もあるということ!!洗い過ぎはもちろん、高温のドライヤーのあて過ぎに注意しましょうね。

前へ

バックナンバー

2008年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。