11月23日
大豆でコレステロールを溶かそう

大豆には「レシチン」が豊富に含まれています。これは水と油をつなぎやすくする働きをしています。わかりやすくいうと「洗剤」のようなもの!油汚れは水では落ちませんが、洗剤を入れると油が水に溶けて汚れが落ちやすくなります。これと同じで、レシチンが血管の壁にこびりついたコレステロールを溶けやすくしたり、細胞中の老廃物を溶かして血行をよくしたりします。大豆のほかに卵黄や穀類、ゴマ油、ウナギなどに含まれますので、上手に利用してください。

前へ

バックナンバー

2008年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。