11月30日
水分と一緒に、塩分も摂取してみよう

涙、汗が塩辛いように、人間の体内で「塩分」は「水分」とくっついて動いています。体の中は一定のミネラルバランスが保たれているので、必要な塩分を減らすと、必要な水分も減ってしまうため、全身がガサガサに乾燥してしまいます。また、塩分は、水分とともに体の中の老廃物を出してくれます。「自然塩」を適度に摂るなら、高血圧の心配はほとんどなく、かえって体が若返って全身がみずみずしくなりますよ!

前へ

バックナンバー

2008年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。