12月8日
腹式呼吸で腸の動きを整えよう

腹式呼吸を繰り返すと、腸の動きが少しずつ整っていきます。その理由は、内臓や神経を包んでいる横隔膜(おうかくまく)を大きく上下させることで適度に腹圧がかかるからです。その腹圧が刺激となり血行がよくしていきながら「ぜん動運動」を促すのです。便秘ぎみの方や、普段あまり運動する習慣の少ない方は、ぜひ腹式呼吸を取り入れて腸の動きを整えていきましょう!

前へ

バックナンバー

2008年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。