12月25日
紹興酒で、全身の血流をよくしよう

紹興酒は、東洋医学的に「胃」の機能を整えて、消化を促すとされています。さらには、全身の血行を良くして顔色や足のひきつりを緩和するといわれています。中華料理屋さんには、必ずといっていいほどおいてある紹興酒ですが、血流が滞りやすい冬の時期に、ぜひお試しください。温めて飲めば、末端の手足がさらにポカポカしてきます。

前へ

バックナンバー

2008年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。