1月13日
烏骨鶏を食べて、虚弱を補おう

烏骨鶏(うこっけい)は、東洋医学的に「胃腸」を強くし、下痢を止める働きがあります。さらに、虚弱体質の人の微熱や寝汗を止めるなど、その働きは昔から重宝されているのです。栄養成分としては「ビタミンE」が豊富です。ビタミンEは「更年期障害」に効果があるといわれ、烏骨鶏は古くから「婦人科のクスリ」としても知られています。精肉はあまり売られていませんが、卵や卵油、サプリメントなどはインターネットなどで購入できます。

前へ

バックナンバー

2009年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。