2月5日
トウガラシの抗がん作用に注目しよう

トウガラシは、東洋医学的に胃腸の冷えを取り除くとされています。さらに、食欲を促進させて、消化を助ける働きもあります。現代の研究では、少量のトウガラシを常食している地域では、肝臓ガンの発生率が低いという報告もあるのです。ただし、トウガラシを大量に摂りすぎると、便秘になりやすかったり、結腸ガンになりやすい、という報告もあります。ですから、摂りすぎに注意しながら、毎日の食生活に少量ずつ活用していくのが良いといえますね。

前へ

バックナンバー

2009年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。