3月27日
お茶の違いについて知っておこう

お茶にはカテキンなどのポリフェノールという抗酸化物質が含まれていることで知られていますが、「紅茶」「緑茶」「黒茶」など、お茶には色々な種類があり、その違いがわかりにくいものです。簡単にいうと、ほとんどのお茶は茶葉が同じ。ただ「発酵」しているかどうかで、お茶の種類が栄養成分が変わってきます。「緑茶」は、茶葉を発酵させないもの。「紅茶」は完全に発酵させたものです。それに対して「ウーロン茶」は、その中間で、半発酵を行っているものです。味もそれぞれに違いますから、いろいろ飲んでみると楽しいですね。

前へ

バックナンバー

2009年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。