4月10日
若年性更年期障害に気をつけよう

最近、睡眠時間は十分なのに、いつもだるかったり、イライラしやすい…このような状態が続いている場合は、「若年性更年期障害」かも?疲労感やイライラの他に、微熱、立ちくらみ、記憶力の低下、情緒不安定など…症状が少しずつ現れてきます。仕事のストレスが引き金で、女性だけではなく、30代の男性にも増えている病気です。このようなサインが続くようならば、心療内科で診察を。

前へ

バックナンバー

2009年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。