4月13日
酸っぱい食品を、毎日少しずつ食べよう

酸っぱい食べ物が苦手!という方もいらっしゃいますが、私たちの体にとっては非常に重要な役割を果たします。レモンや梅干しの酸っぱさは「クエン酸」といって、糖の代謝をスムーズにしながら活発にしてくれる成分です!つまり、つい食べ過ぎてしまっても、酸っぱい食べ物(クエン酸)を摂取することで、脂肪が付きにくくなるということです。メタボが気になる…という方は、酸っぱい成分を上手に活用してくださいね。

前へ

バックナンバー

2009年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。