4月14日
子宮頚がんを、検診で予防しよう

子宮頚がんは、原因がはっきりしている唯一のがんです。HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)というウイルスに感染することで起こります。1度でも性行為をした女性なら、誰でも何度でも感染する可能性がある病気です。感染しても、免疫力によって自然に消滅してしまうものなのですが、時にそれが「異形成」を起こして、がんに進行します。この「異形成」の段階までに発見・治療でできればがんになりませんので、がん検診によって早めに見つけることが一番です。女性は定期的な検診を心がけましょうね。

前へ

バックナンバー

2009年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。