5月3日
ゴマを炒って、有効成分を引き出そう

ゴマはおいしく、栄養タップリの成分ですが、加熱をするとさらに有効成分を引き出すことができます。ゴマを炒るとゴマリグナンの一種である「セサモール」という成分が増えて、抗酸化作用がアップします。また、香りの成分である「ピラジン」が増えて、血液サラサラ効果を増やします。生のゴマは消化しにくいので、炒ったうえで、すったりして、ぜひ料理に活用してください。

前へ

バックナンバー

2009年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。