5月26日
紅鮭の秘めた効能に注目しよう

サケの身の赤い色は「アスタキサンチン」といわれる成分で、カロテンの一種です。この成分は、体内で必要な分だけビタミンAに変化します。そして変化しなかった分は、抗酸化物質として、体内の脂質やタンパク質の「酸化」を抑える働きをしてくれます。特にこの「アスタキサンチン」を多く含んでいるのが「紅鮭」。ムニエルや焼き魚など、いろいろな料理に活用してくださいね!

前へ

バックナンバー

2009年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。