5月30日
抗生物質と腸の関係について知ろう

抗生物質は、病原菌を殺す目的で使われるものですが、長期間服用すると、腸にいる善玉菌まで殺してしまいます。風邪をひいたとき、抗生物質で下痢をしてしまうことがありますが、それは腸内環境の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れたため。そのようなときは、「乳酸菌」を摂ることをおススメします。ヨーグルトやぬか漬けなどを食べて、腸のバランスを整えていきましょう。

前へ

バックナンバー

2009年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。