6月5日
雑穀を取り入れて、噛む習慣をつけよう

ダイエットをしている方は、食べる時によく噛むことが大事です。それというのも、噛む回数を増やすと、中脳の「咀嚼中枢(そしゃくちゅうすう)」が刺激されて、神経ヒスタミンがたくさん分泌されます。この神経ヒスタミンが満腹中枢を刺激することによって、満腹感を感じる――つまり、食欲を抑えることができるのです。なかなか噛む習慣が身につかないという方は、「雑穀」を普通のご飯に混ぜるてみましょう。柔らかいものばかりを食卓に出さないなど、少しずつ噛む回数を増やしていけるように、食生活を見直してみるとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2009年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。