6月9日
トマトは、乳製品と一緒に摂取しよう

トマトに含まれている代表的な成分といえば「リコピン」。抗酸化物質として、動脈硬化を引き起こす「活性酸素」を抑え込む働きが非常に高いとされています。その力はビタミンEの約100倍とも。このリコピンは、油脂と組み合わせると吸収率がアップするので、トマトとオリーブオイルを使ったイタリア料理は最適な組み合わせなのです。また、牛乳を入れたクリームスープにトマトを入れたり、チーズをつかったサラダにトマトを合わせたりすれば、一緒にカルシウムも摂れるので、いろいろ工夫してたくさん食べましょう。

前へ

バックナンバー

2009年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。