6月14日
温かい季節の冷えに注意しよう

気温が高いのに、手足が冷えている…。それは、自律神経失調症のサインかもしれません。自律神経が不安定になると、血行不良につながり、末端の血管に血液が行きわたらず、常に冷え切ったままの状態になるのです。早めに改善しないと、婦人科系疾患や、胃腸障害、皮膚炎の引き金になることもあります。体を温めても、全然冷えがとれないというときは、一度診察を受けてみてください。

前へ

バックナンバー

2009年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。