6月20日
杜仲茶を飲んで、メタボ対策しよう

杜仲茶というのは、中国原産の「杜仲」という落葉木の葉のお茶。血圧を下げたり、肝臓の機能をアップさせたり、利尿作用があるといいます。また、杜仲茶に含まれる「ゲルポシド酸」という成分は、中性脂肪やコレステロールの再合成を阻害する働きがあるとされ、内臓に脂肪が蓄積しているメタボの方には特におススメ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2009年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。