6月24日
母乳の役割と、効能に注目しよう

母乳は、東洋医学的に血を補い、肌の乾燥を解消する働きがあるといいます。そして、胃腸や粘膜やを丈夫にしたり、精神を安定させるとされています。また、母乳に含まれるタウリンは、新生児の大脳や視神経、内臓などの発育に欠かせないものなのです。母乳が出るにもかかわらず、粉ミルクで育てる方もいらっしゃいますが、母乳の役割を理解して、できるだけ使うことも大切ですね。

前へ

バックナンバー

2009年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。