7月8日
ウーロン茶を飲んで、体内の毒素を出そう

ウーロン茶は色が黒々として、よじれた形が龍に似ていることから「烏龍(ウーロン)」と名づけられたといわれます。緑茶と同じ茶葉を発酵させ、その途中で過熱して発酵を止める半発酵茶です。東洋医学的に、暑気当たりを収めて、口の渇きを解消する働きがあるとされています。さらには、体内の解毒をしたり、特有の香りでストレス解消にも。脂肪排泄、抗酸化で名高い「鉄観音茶」は、ウーロン茶の銘柄の一つ。夏場の暑い季節、暑気当たりがしやすい方は、ぜひウーロン茶を積極的に活用していきたいですね!

前へ

バックナンバー

2009年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。