7月20日
梅エキスで腸の中を殺菌しよう

梅エキスには、酸っぱさの元になっている「クエン酸」が豊富に含まれています。クエン酸は、唾液の分泌を促し、消化活動を助ける働きがあります。さらに、強力な殺菌力によって、腸内の悪い細菌をやっつける効果もあるのです。サルモネラ菌、病原性大腸菌など…夏場の食中毒の原因になる細菌から、身を守るのに力を発揮してくれます。お弁当に梅干を入れるのは昔からの生活の知恵なのですね。

前へ

バックナンバー

2009年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。