7月26日
大豆食品を摂取して、メタボを防ごう

大豆タンパクに含まれている「βコングリシニン」は、内臓脂肪を減らすのに重要な働きをもっています。また、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、骨の中からカルシウムの流出を防いで「骨粗しょう症」を予防する効果があります。骨粗しょう症を防ぎながら、内臓脂肪を減らせるダブルの効果は魅力的!ぜひ大豆を食生活に積極的に取り入れていきましょうね。

前へ

バックナンバー

2009年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。