7月28日
温水浣腸で、腸内を洗浄しよう

温水を使って腸を洗浄することを「コロンハイドロセラピー」といいます。肛門から管を入れて腸の中に温水を入れます。それによって、腸内に溜まった便を出すとともに、腸の粘膜を温水によって刺激して、ぜん動運動が活発にします。便秘が続いて腸に便が溜まりやすい方によい方法です。ただし、肛門に管を挿入する行為は医療行為ですから、専門のクリニックを調べて行くようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2009年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。