8月3日
遅い時刻の夕食を少し早めよう

仕事から帰ってきて、ようやく夕ご飯を食べよう…という時、もう夜10時を過ぎているということもありますね。しかし、夜遅くに食べる食事は、内臓に脂肪を付ける大きな要因です。もともと私たちの体は「日中」に代謝が活発になり、「夜」には代謝が低下していくようになっています。代謝力が下がっているタイミングで食事を摂ると、うまく代謝されずに脂肪として蓄積されてしまうのです。仕事で忙しい方も、代謝の時間を意識した食生活に切り替えると、メタボ対策になりますよ。

前へ

バックナンバー

2009年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。