8月29日
逆さ読みで脳のトレーニングをしよう

長時間、本や雑誌を読み続けていると、「脳」が疲れてきます。そんなときは、読んでいる本や雑誌を1ページだけ「逆さ」にして読んでみてください。読書など同じ刺激が続くことで脳の疲れを取りながら、「脳の判断力」を強化します。ゆがんで見えたり、ぼやけるなどの解消にもつながります。目が老化してしまうのも、この「脳の疲れ」が大きく関係しているのです。この「逆さ読み法」を一度試してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2009年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。