10月9日
粗塩を使って歯茎を強くしよう

自然な製法で作った塩は、体の新陳代謝をさかんにさせて、肌荒れを早く修復させる効果があると言われています。このような粗塩を、歯磨きが終わった後の歯茎につけて、やさしくマッサージをしてみてください。歯茎がキュッと引き締まり、歯周病の予防になります。また、薄めの塩水でうがいをすれば雑菌を流してくれますし、入浴剤代わりに湯船に入れれば発汗を促します。調味料以外にも、積極的に利用してみましょう。

前へ

バックナンバー

2009年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。