11月3日
眼を動かして、近視や老眼を予防しよう

眼はもともと周囲の危険を、どんな時にでもすぐに察知できるようになっています。常にきょろきょろ上下左右に動かすことは、「眼の筋肉」を鍛えることにもなるのです。しかし、近年は、携帯電話やパソコン画面を凝視しすぎることによって、「目の筋肉」が硬くなっています。それが「近視」や「老眼発症を早める」原因につながることもあります。そうなる前に、空いた時間にちょっと目をつぶって休めたり、遠くの景色を見て目の筋肉をゆるめることを心がけましょう。上下左右、右回り、左回りと、目をぐるぐる回す「きょろきょろ運動」も、1日に数回行うと効果的です。

前へ

バックナンバー

2009年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。