11月6日
キャベツを食べて、血管の壁を丈夫にしよう

キャベツには、血管の壁を丈夫にする「ビタミンC」と「ビタミンK」が豊富に含まれています。さらに「止血作用」もあり、血液を凝固させる働きを助ける効果もあるのです。東洋医学的にも、キャベツは五臓六腑の機能を調整する働きがありますから、冬の冷えで内臓の働きが衰えやすい方は、毎日の食生活の中に上手に活用していくとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2009年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。