11月13日
体内酵素の不足を改善しよう

酵素は人が生きていくうえで欠かせないものですが、加齢により、30〜40代ぐらいから「酵素不足」に陥りやすくなります。もしも、肌が荒れやすかったり、腹部の張り、下痢・便秘などが続く方は、酵素不足かもしれません。それを補う「酢もやし」を食べてみましょう。沸騰する前のお湯でもやしを茹でて、お酢をかけるだけのカンタン料理です。ポイントはもやしを「茹ですぎないこと」。茹ですぎると酵素が死んでしまうため、さっとゆでてザルに上げましょう。

前へ

バックナンバー

2009年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。