11月20日
しょうがの効能をアップさせよう

しょうがは血流を良くする働きがあるため「冷え」に最適な食材ですが、この「温め効用」を最大限に引き出すことが大切です。それには、皮付きのまま使うこと。「しょうがの皮」には栄養の約7割が含まれるといわれます。また、生のしょうがには免疫力がアップする「ジンゲロール」が含まれています。このシンゲロールを加熱すると「ショウガオール」という成分に変化して、発汗力が高まります。ですから、普段は生で使い、冷えを解消したいときには加熱するなど、「目的別」に使い方を変えることをお勧めします。

前へ

バックナンバー

2009年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。