11月21日
糖尿病に関する誤解を解こう

甘いものを食べなければ、糖尿病にならないと思っている方が多いようです。しかし、これは間違い。肥満などにより、すい臓から出る「インスリン」という血糖値を下げるホルモンの分泌が減ったり、「インスリン」の働きが悪くなって、慢性的に血糖値が上がってしまうのが「糖尿病」の主な原因です。ですから、肥満にならないように、日ごろから「バランスのよい食生活」「運動」「アルコールを控える」「ストレス」などに気を配ることが大切になります。

前へ

バックナンバー

2009年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。