11月25日
正しい化粧水のつけ方を知ろう

化粧水は、顔にパンパン叩くようにしてつける…これがイメージとして定着しています。そうすることで、肌が活性化されたり、化粧水が肌に浸透しやすくなりそうな気がしますが、これは誤解です。このようなケアを続けていると、広い面積である「頬(ほほ)」ばかり叩きがちで、ムラができてしまいます。正しい方法としては、両手にとってやさしくプレスすること。肌がしっとりするまで何度かつけると、十分な保湿が出来ます。

前へ

バックナンバー

2009年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。