12月4日
白湯を飲んで体温、代謝を上げよう

「白湯(さゆ)」は、体温を上げて免疫力を高めます。朝起きてすぐ飲む白湯は、水分を補うだけでなく、血液をサラサラにする効果があります。昼食や夕食の前に飲むと胃腸の働きが良くなって、便秘の予防や、冷え性改善、ダイエット効果も期待されます。温度は50℃ぐらいが最適。1日1.5〜2?を目安にして、ある程度飲む時間を決めて習慣にするとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2009年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。