12月6日
疲れ目は蒸しタオルでスッキリさせよう

パソコンや携帯画面の見過ぎで、目や首筋、肩などがツライ…という方が多いのではないでしょうか。疲れ目やドライアイが気になる時は、蒸しタオルを5〜10分目頭に当ててみましょう。目頭に当てると、蒸気が乾いた粘膜に潤いを与えます。また、体の中にまで温熱効果が伝わるため、体液が巡り、頭の周囲や上半身を癒します。首の緊張も和らぐため、疲れ目による疲労感も解消されます。タオルが冷めたら温め直して、3〜4回繰り返すとなお効果的ですよ。

前へ

バックナンバー

2009年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。