12月19日
フルーツのGI値を知っておこう

GI値とは「グリセミック指数」を略したものです。「炭水化物が消化され、ぶどう糖に変化する速さ」を相対的に表した数値のことを言います。例えば、フルーツを例にあげると「スイカ(GI値60)」「バナナ(GI値55)」「パイナップル(GI値65)」などは、GI値が高めと言えます。一方、数値が低めのフルーツには、「イチゴ(GI値29)」「パパイヤ(GI値30)」「オレンジ(GI値31)」などがあります。GI値が低いと、ブドウ糖に変化するスピードが比較的ゆっくりなので、体への負担もかかりにくい傾向があります。ただし、これはあくまで速さで、量は別なので食べすぎには注意を。

前へ

バックナンバー

2009年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。