1月1日
新年会の二日酔いはツボ押しで乗り切ろう

お酒を飲む機会が多くなる時期ですね。もしも二日酔いに悩まされたときは、「期門(きもん)」と呼ばれるツボを押してみましょう。「期門」は両乳首の真下と助骨が交わったところにあります。体を前かがみにして、「右の期門」を両手の4本指をあて、息を吐きながらゆっくり押しながら揉んでみてください。胃のムカムカや体のだるさが軽くなるはずですよ。

前へ

バックナンバー

2010年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。