1月22日
飛蚊症のサインについて理解しておこう

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の前を黒い点や蚊が飛んでいるように見える症状をいいます。硝子体が老化するために起こる現象でもありますが、「網膜はく離」や「眼底出血」の症状としても現れることがあるので、心当たりのある方は、一度眼科で検査をしてもらうと良いでしょう。40歳ぐらいから目の病気は急激に増えてきますので、十分に注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2010年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。