1月31日
カレイとヒラメの栄養の違いを知っておこう

カレイとヒラメは、通常「目の位置」で見分けます。体の右に目があるカレイは「大衆魚」として煮物や揚げ物に使われることが多く、体の左に目があるヒラメは「高級魚」として刺身や蒸し物にすることが多いですね。カレイはヒラメに比べて「カルシウム」が2倍以上含まれているため、骨を丈夫にしたいならカレイがお勧めです。逆にヒラメは上品な味で、コリコリとして、コラーゲンを豊富に含んでいますので、「美肌」を目指すなら、ヒラメを食べるのがよいでしょう。カレイとヒラメは似ていますが、成分も味も大きく異なっているのです。

前へ

バックナンバー

2010年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。