2月4日
水溶性食物繊維で、過食を防いでいこう

水溶性の食物繊維とは、コンニャクや寒天のような食品に含まれる「ヌルヌル成分」のことをいいます。この水溶性の食物繊維は、一緒に食べた食物を胃の中に長く留まらせる働きがあり、腹持ちを良くしてくれます。また、エネルギー量が少なく、ノンカロリーの食品も多くあります。そのため過食傾向にある時やダイエットしたい時は、空腹を満たしながらカロリーを抑えることができるため、とても重宝します。メタボ対策として、あなたもぜひ食生活に取り入れてみてください。

前へ

バックナンバー

2010年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。