2月22日
胃腸の不快感に、しょうがの搾り汁を使おう

神経の伝達物質である「セロトニン」は、消化器の活動を脳に報告する働きがあります。しかし、このセロトニンが働きすぎると、吐き気や下痢の原因になることがあるのです。そのようなときには、「ショウガの搾り汁」がお勧め!辛味成分のジンゲロールが、セロトニンの働きを抑えてくれます。胃腸の不快感があるときには、緩和する効果が期待できますので、ぜひ試してみてください。また強い殺菌作用によって、胃潰瘍ができるのを抑えてくれる働きもあります。

前へ

バックナンバー

2010年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。