2月23日
和食ベースで腸内環境をキレイにしよう

主菜に、副菜が数種類並んだ和食は、とてもヘルシーで腸によい食事です。洋食に比べて「脂分」が少ないというだけではありません。野菜、豆腐、海藻、豆類など「食物繊維」を豊富に含む食材を多く使っています。さらに主食のご飯に、玄米や麦、アワ、ヒエなどを少し混ぜて雑穀米にすると、白米だけよりも食物繊維がグッと増えます。これらの相乗効果で腸内環境をキレイに保つことができ、カラダのバランスも整えていくことができるのです。

前へ

バックナンバー

2010年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。