3月5日
肥満の治療に漢方を活用してみよう

肥満で悩む人向けの漢方薬があります。漢方では、肥満は大きく2つに分類され、食べたものが体の中で燃焼されずに滞ってしまうタイプと、むくみが原因で起こるタイプに分かれます。燃焼されずに滞っているタイプには、「消化を助ける漢方薬」が処方され、むくみ太りタイプには「水分を外に出す漢方薬」が処方されることが多いのです。肥満が気になる方は、自分のタイプを知って、漢方薬を活用してみるのもよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2010年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。