3月7日
アレルギーでなくても喘息になると知ろう

喘息というのは、アレルギー反応による発作も含めて「気管支」に炎症が起こる症状をいいます。子どもの喘息の場合は9割がアレルギー性ですが、成人の場合、気管支が狭くなって「炎症」を起こしているケースが増えています。寝入り端に咳き込んだり、息をするとゼーゼーしやすい方は、呼吸器内科で一度検査をしてみましょう。実は風邪ではなく喘息であったり、気管支炎を起こしている可能性も考えられます。

前へ

バックナンバー

2010年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。